●ブログ

クローゼット兼用の棚を見直してみました

約1年ぶりに作業箇所を見直してみました

北海道は昨日、各地で雪が降り積もり暴風雪警報出るほどの天気。(場所によっては引き続き警報が出ていたり)

北海道だけではなく電車が運休になったり、現在も札幌では注意報が出ていたり。

【水分を含んだ重い雪はかなり久々】

 

見直したのは何がきっかけだったの?
娘のコートを買いなおしたことにより、
棚板を見直す必要があると感じたからです。

札幌の中学生は今日が冬休み最終日。

長女は昨日、自由課題を作成するために頑張っていました。

その間、「分からないことは聞いてね」「目標〇分で仕上げよう!」と伝え、私は長女が課題を作成している間に気になっていたけれど年末で時間が取れなかったため、先延ばしにしていたリビング隣の部屋のクローゼットと兼用している棚の見直しをしてみました。(娘はリビングで格闘し、私はその隣の部屋にいますので同じ空間ですぐ話しかけられる状態)

 

一緒に漢字検定の勉強をするときなどは「隣で一緒に」ができますが、今回は差し迫って頑張っていますので私の威圧感を感じない程度のつながりで。

 

昨年はこんな感じ

今年はこんな感じ

去年はショートコートや白いスキーウェアを着て通学していたので、棚板の高さもこれでいいかな。という感じでした。

しかし、今年はスキーウェアが小さくなりベンチコートを購入。ベンチコートって長めですよね。なのでつっかえたりして使いづらくなっていたのです。

去年に比べてコートも一回り大きくなり、ベンチコートも加わりました、一見整っているようですが、ボリュームが出たことで戻しづらい場所のなっていました。

戻しづらい場所になるということは、我が家の場合は椅子がコート掛けになりやすいため避けたいのです。

 

棚板を1つ取り、マフラー置き場をつくりました

 

「マフラーをかなり雑にハンガーにかけるけど、かけるの嫌い?」と聞いてみたところ、

「できれば置くだけがいい」

ということで、この配置で試してみようと思います。

「マフラーはぐっちゃにおいても大丈夫だから置いてね」という一言を添えて(笑)

「ありがとー!それならできそう!」をいただきました^^

 

ついでに隣の棚板の高さも使いづらい箇所を変更し、要不要を改めて見直してみると・・・

1年前は「この1年で必要となるかもしれないので保管」にしていたものが処分対象となりました。

空いたスペースは「今年学ぶこと」を入れていく場所になります。

娘たちにも、帰宅後の「めんどくさい」が無くなるようにすることが私が楽になる事に直結するため、これからもライフスタイルに合わせて色々と試していきたいと思います。

【追記】今日午前中の部活を終えて帰宅後、コートはハンガーへ。マフラーもこちらの場所に「くしゃっ」の状態でもどされていました。それでOK!

 

冬休みは結局自分のまとまった時間が取れないので不便ではありますが、「色々呼び止められる中でいかにタスクを完了するか」がなかなかの課題です。

とはいえ、あと何年こうして同じ空間にいてくれと言われるのだろう。そう思うと今この時間はとっても貴重。(とはいえやっぱり大変!)

ご自宅の中の「ちょっと不便」「見直したい」そんな場所がありましたら、一緒に一緒に仕組みを整えてみませんか?

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

LINE公式お友達追加

お気軽にお問合せ下さい

友だち追加

-●ブログ

© 2022 暮らし快適研究所 Powered by AFFINGER5