景色化しているところを見直してみると・・

目次

見直すを定期的に

片付けってその人に合った暮らしの最適化で

家族にとっても再現できる仕組みを作るのですが

その生活リズムに合った仕組みを作って終わりではなく

定期的に見直すことも大切。

 

これを使いたくて見直しました

今回はこのグッズを使いたくて見直しました。

[st-div class=”” margin=”0 0 20px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””]

[/st-div]

それはコーヒーを美味しく淹れるモノ。

忙しく過ごしていると手軽に飲める

インスタントで済ませることが多くなっていましたが

そうすると、

やはりドリップしたものが飲みたくなり

結果、活動が多くなるとコンビニで購入する回数も

増えたりして。

淹れたてが飲みたいけれど飲めていないから

それを満たそうとして量が多くなったり

コンビニに行ったりしていることが原因であれば

グッズを使いやすい場所に移動しておけばいいよね。

ということで、しまい込んでいたこちらを出しました。

食器棚の配置Before▼

[st-div class=”” margin=”0 0 20px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””]

[/st-div]

毎日は使わないHBとノンフライヤーを移動して

食器棚の配置After▼

[st-div class=”” margin=”0 0 20px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””]

[/st-div]

すっごくわかりづらいかもしれないのですが

毎日使う米びつとコーヒーグッズが

使いやすい場所に移動しました。

[st-div class=”” margin=”0 0 20px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””]

[/st-div]

毎日は使わないHBが米びつがあった場所へ

コーヒー豆やフィルターなどもカゴに入れて

すぐ取り出しやすい場所へ。

お陰様で、淹れたてのコーヒーが飲みたいときは

全てその場で完結するのでとても便利。

朝、家事を終わらせた後

少し切り替えの時間で自分を満たすことが

できるようになりました。

結果、コーヒーを飲む回数も

コンビニコーヒーを買う回数が減りました。

 

ライフステージに合わせて

仕組みを整えてからの暮らしって

ライフステージによって数年おきに

変化があります。

我が家の場合も3年で

中1と小4だった娘たちも

高1と中1になり

キッチンの使い方も変化がありました。

お弁当作り生活になり

全員が変則的な夕食時間だったり

土日も誰かしら部活になり

私以外の家族もお菓子作りを始めたりして。

家族の変化に合わせて

「ちょっと使いにくいな・・」

の見直しサインを逃さず

自分と家族の”今”に合った暮らしの仕組みを

整えてみませんか?

本日もお読みいただきありがとうございました。