●ブログ

私が苦手なこと

【暮らし快適研究所

ライフオーガナイザー®後藤実明です。

札幌市及び近郊地域で空間の片付けをしています。

(心の片付けメンタルオーガナイズも勉強中!)

 

Wi-Fiの乗り換えキャンペーン書類をようやくポストに投函できました

 

今、私が苦手だなぁと思うことが次々に目の前に現れてきていて、次々にクリアしていっていますが・・・

私は苦手意識があるから面倒になって先延ばしする傾向にあります。

ごとう
プラス今が忙しいという理由などを加える(^^;

 

昨年秋に乗り換えていますが、キャンペーン書類を本日ようやく投函することができました。

Softbankユーザーの我が家。Wi-Fiは今までお手軽なAirをつかっていましたが、なんせオンラインで使用することが多い!

「講座を開催・受講するときに回線が落ちたり止まったりしたらどうしよう」そんな不安から、チャンスがあればWi-Fiを光回線に乗り換えしたいと思ってアンテナを張っておりました。

昨年夏にポストにNURO光乗り換えキャンペーンのチラシが入っており、使用料は今と変わらず残債を補填してくれるということで夫と相談し、乗り換えを実行。

乗り換えからの流れ

  1. 乗り換え申込
  2. 工事日を予約
  3. 工事終了・開通・SoftbankAir解約申込
  4. 残債の支払い証明書をSoftbankに問い合わせプリントアウト
  5. 解約違約金を請求するシートに必要事項を記入
  6. ポストに投函

 

この流れの中で私が立ち止まったのは④でした。

③の解約を申し込み、残債の照明をどのようにプリントアウトして提出するかの方法まで聞いていましたが、「あぁなるほど!」と理解したのでそのまま3カ月以上。

時間がたつと思い出すことに時間がかかるので、面倒に感じることほどすぐ取り掛かり終わらせることが私のタスクを軽くすることに繋がることを実感した出来事でした。

書類はこちら

  • 【書くこと自体は少ない】
  • 【貼り付ける残債証明書類】
  • 【必要事項の説明書】

こちら、残債証明の印刷の仕方を思い出し(事前に問い合わせていたので】プリントアウトしてからは書類を記入して、次の日にポストに投函できていたので・・・。

書類が手元に届いたらすぐ取り掛かることを強くお勧め致します。(提出方法を問い合わせてから必要書類が手元に届くまでの時差に負けず)

 

 

この出来事で夫からいただいた一言。

「あなた、これすべてに当てはまるから。これで損してると思う」

ごとう
はい、気をつけます

 

書類の提出期日は4月30日まででしたが、再提出になっても良いよう、早め早めの対応が望ましい。

気付かせてくれた夫に、「この人って聞きたくない事言ってくる人だなぁ」「あなたがやってくれたら私楽なのに」ということを心の中で思いましたが、

返ってくる言葉は「あなたのためにならないから」という一言ですね。

この人が夫だからできるようになったことって沢山あるなぁとも思い返しました。

夫なんだか親なんだか・・・。ちょっと不思議な夫婦ですが、これからも仲良くしてください。

私のように先延ばしタイプの人、ちょっとづつ前進しながら習慣化することで先の伸ばしを少なくしていきましょうね!

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

LINE公式お友達追加

お気軽にお問合せ下さい

友だち追加

-●ブログ

© 2022 暮らし快適研究所 Powered by AFFINGER5