住み始めて8年 水道の混合栓も壊れる

目次

浴室の水道混合栓、シャワーの水漏れ

 

[st-kaiwa1]先日浴室の水道混合栓、シャワーの水漏れが止まらなくなりました(涙)[/st-kaiwa1]

 

[st-midasibox-intitle title=”シャワーが止まらなくなった状況” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold” myclass=””]

  1. 普通にお風呂に入る前にシャワーを使う(この時は大丈夫)
  2. 湯船につかる
  3. 湯船から出てシャワーを使う(普通に使っている)
  4. 使い終わって止めようとしたところ止まらなかった!

[/st-midasibox-intitle]

[st-kaiwa3 r]それは、なんの前触れもなく突然のこと[/st-kaiwa3]

 

[st-midasibox-intitle title=”私が取った手順” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold” myclass=””]

  1. シャワーの蛇口のレバーが全く効果をなさないので、シャワーヘッドを湯船に向ける
  2. 水道自体の元栓を止める(その元栓が関係しているすべての蛇口の水が出ません)
  3. その間に対処法を調べる
  4. 壊れているポイントの片方の止水栓をマイナスドライバーで締める
  5. 元栓を給水に戻し、シャワーが止まらないことを確認
  6. もう片方も止水栓も締めてようやく止まる(お湯と水がありますので、両方締めないと止まらないですよね)

[/st-midasibox-intitle]

 

ということで、止まりました。(こんな時に夫がいてくれたらいいなと思いましたが、そばにいないので頼れません)

カバーを外すとこのようなネジが見えます

マイナスドライバーで左右締めると水(お湯)が止まります

この日は土曜日の夜。

 

修理は日曜日の朝電話をしてお願いしようということになりました。

翌朝、修理依頼の電話をするも、ボイラーの不具合の時に来てくれた水道屋さんが繋がらず(適切な処置と適切な料金でした)、大手の水道水漏れの会社もつながらない。

3社目にしてようやく電話が繋がり、昼過ぎに見積もりに来ていただけることになりました。

こちらの水道を見て、「あれ?おかしいな・・・」と言っていたので、「どうしたんですか?」とお尋ねすると

「このメーカーのこの型番、中の部品が在庫ないみたいなんですよね。本体を交換するのであれば、今手持ちの在庫が車にあります。

このカタログのこちらの商品68,000円ですね。これに工賃が入って100,0000円超えます。」

という見積もりをいただきました。

自分が修理を呼ぶ前に調べたことは、中の部品交換をしていただくので、部品代と工賃で15,000円ほどというもの。

正直、困ってはいるけれど止水栓で蛇口は止まっているし・・・。

ということで、「その金額だと頼めません」とお断りしました。

最後は、名刺を”切らしているので”ということで名刺を置かずに帰られました。

[st-kaiwa1]なかなかの金額ですね[/st-kaiwa1]

 

まず相場調べてYouTube見れ

夫に相談したところ、

「そんな金額あるわけないので、相場しらべてね」

という的確な答えをいただきました。

相場を調べて、知っている工事屋さん、ホームセンターの店頭を確認。

工賃もこちらはこの値段

混合栓も店頭ではこの値段

さらに夫からは

「YouTubeで水道水漏れの対処動画みてみて」

ということで、見てみました。

中の部品を交換できるかも!

と思えたので側面のカバーを外して中の部品を取ろうとしたところ、すでに経年劣化か工具を使用してもネジを回すことが出来なくて断念。→本体を交換することにしました。

[st-div class=”” margin=”0 0 20px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””]

[/st-div]

≪水垢が・・・≫この程度の水垢はクエン酸液を使うときれいになりますよ^^

 

水道混合栓の水漏れは、自分で本体取り付けを選択

こんな風に分解していくと・・・、水道混合栓の本体も取り替えられそうですよね。

上にあるネジを外し、蛇口の部分を取り外し、本体のカバーを外すと・・・。という感じ。

なので、店頭では壁付の混合栓が沢山ありましたが、我が家のタイプは台付。

大体の「混合栓はお湯と水が逆じゃない限りつくとおもいますよ」という工事屋さんの言葉から、ネットで本体を購入し取り付けてみることにしました。

「ダメなら、ホームセンターでいただいたパンフレットの”スマイルヘルパーさん”に頼もう。」

という感じです。

部品が届くのが2月11日。さてさてできるかな(^^;

シャワー無し生活はもう少し続きます。

風呂桶でお湯を汲み洗う。私の高校時代の寮生活がまさにこのスタイルでした。

これも、娘たちには迷惑かもしれませんが、思い出深い経験になるでしょう。

また、取り付けてみたらレポートしたいと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。