【私が片づけ活動をしている理由】動けなくなる体験

私の理念についてシリーズでお伝えします。本日は第2回目!

目次

動けなくなる体験

[st-cmemo myclass=”st-text-guide st-text-guide-sankou” fontawesome=”fa-quote-left” iconcolor=”#919191″ bgcolor=”#fafafa” color=”#000000″ bordercolor=”” borderwidth=”” iconsize=””]私の理念シリーズ第1回目の記事はこちら▼

https://miaki.net/watashinorinenn_1/

[/st-cmemo]

専業主婦だった私は

帰りが遅い夫、毎日の終わりがない家事と育児に

疲弊していました。

 

そして、出来ていることはたくさんあるのに

出来ていない事に目を向けてしまう毎日を過ごし

とても自己肯定感が低かったのです。

 

朝早く起きて家事をして

長女を幼稚園に送り出し次女過ごす毎日。

 

その頃、社宅のママに

「後藤さんてずっと公園にいるイメージだよね。すごいね。」

と声をかけられ、「あ、私ってそんな風に頑張ってるんだ」と思えた瞬間。

それが唯一の褒められポイントだったように思います。

 

その後、次女が幼稚園に行き始めると

日中一人の時間ができました。

 

ここが問題で、今まではを食いしばるように頑張っていたことから

解放された瞬間、今度は家族が出かけてから動けなくなってしまったのです。

 

無気力なのに力を振り絞って片付ける

いわゆる無気力状態になってしまい

朝、夫と子供たちを送り出してから無気力に過ごし、

午後から娘たちが帰宅するまでに片づけと掃除をする。

[st-div class=”” margin=”0 0 20px 0″ padding=”0 0 0 0″ add_style=””]

 

[/st-div]

そのような生活が1年ほど続

時間がたっぷりあるはずなのに

私って人生を楽しめていないなぁ・・。

このままの毎日でいいの?

 

そんな疑問を持ちながら過ごしていました。

 

本当に今思うと、朝8:30まで家事終わらせて

どこかに出かけたりと自由に過ごしたらよかったのに!!

とツッコみたくなりますが

 

そのころの私の脳内では

「専業主婦で稼いでるわけじゃないのにお金使っていいの?」

という言葉が絶え間なくよぎっていたのです。

 

次回に続きます。

本日もお読みいただきありがとうございました。